kantablog Written by Kanta Nakamura

【5分でわかる】仮想通貨のメリットとデメリットは?【初心者向け】

CRYPTO

本記事で解決できる悩み

  • 仮想通貨のメリット、デメリットが知りたい!
  • 本当に仮想通貨は怪しくないの?

こんな悩みを解決できる記事になっています。

この記事を書いている僕は、現在20歳で、持ってるお金の半分以上を仮想通貨で保有しています。

こういったことから仮想通貨の知識がつきました。
今回はこんな僕が考える仮想通貨のメリット、デメリットを解説します。また後半では僕の仮想通貨に対する考えをまとめました。

仮想通貨のメリットとデメリット

仮想通貨 メリット デメリット

こちらが仮想通貨のメリット、デメリットの一覧です。

仮想通貨のメリット

  • 送金が簡単
  • 国境を持たない
  • 儲かり易い

仮想通貨のデメリット

  • 法体制がまだ不完全
  • 価格の変動が激しい
  • 日本ではまだ浸透していない

メリット①:送金が簡単

仮想通貨は送り先のアドレスさえあれば送金が出来ます。

疑問:今の円とかドルとかと何が違うの?
結論:銀行口座が要らなくなる

貧しい人々は銀行口座を持っていない

日本にいれば国民が銀行口座を持っていることは普通のことですが、アフリカなどの貧しい国々では銀行口座を作ることが出来ない人がたくさんいます。
つまり、自分の資産を全て現金で持っている人がいるのです。

普段から当たり前のようにクレジットカードなどを使っている日本人からすると銀行口座がない生活は考えられないですよね。

しかし、仮想通貨はそんな人たちでも口座を持ち現金を仮想通貨に変えることができるのです。

具体例:簡単に寄付ができる

ウクライナ寄付

>>参照記事
ロシアがウクライナに侵攻し、世界からウクライナへの寄付が集まっていますが、そのときに注目を集めたのが仮想通貨での寄付です。
なんと、ウクライナへの寄付として仮想通貨が60億円分集まりました。

仮想通貨の送金のしやすさがこれほどの大金を集めた要因の一つと言えるでしょう。

メリット②:国境を持たない

仮想通貨には円やドルのような国の概念がありません。

疑問:国境を持たないと何がいいの?
結論:海外送金が簡単になる

具体例:国境を持たないことのメリットとは

円やドルの場合、海外へ送金するときはさまざまな手数料がかかりますが、仮想通貨であれば世界中どこへでも超低コストで送金できます。

グローバル化が進んでいるこの時代においてこれは大きいメリットとなります。

僕も台湾で生活していますが、手数料の大切さは身に染みて感じています。

メリット③:儲かり易い

仮想通貨は他の投資と比べて明らかに儲かり易いです。

具体例:70万円儲かった

僕は仮想通貨を始めて2週間で10万円が50万円になりました。投資初心者がそこまで稼げることは他の投資ではまず無いです。そのときの記録は【2週間目】初心者の仮想通貨運用実績を公開します【+515,046円】で詳しく解説しています。

仮想通貨投資のファンが多いのもこの儲かりやすさからきています。

仮想通貨が儲かり易いことは紛れもない事実です。仮想通貨投資については仮想通貨はいくらから始めることができるの? | 始め方まで徹底解説【初心者向け】で詳しく解説しています。仮想通貨を買ってみたい方はぜひ。

続いてはデメリットをみていきます。

デメリット①:法体制がまだ不完全

仮想通貨は歴史がまだ浅く、法体制がまだ整っていません。

法制度が整っていないと言うことはいわば無法地帯とまではいかないものの、仮想通貨を悪用した犯罪が起こっているのも事実です。

「各国が法体制の整備を進めながら、仮想通貨も共に進化している」それが現状です。

デメリット②:価格の変動が激しい

仮想通貨は価格の変動が起きやすいです。

円やドルなどの法定通貨の場合、国家が通貨の価値を担保しているため、価格が安定していますが、一方仮想通貨は需要と供給のバランスが崩れやすく、簡単に価格が変動してしまいます。

そのため、仮想通貨投資は大きな値上がりが起き易いのです。

価格変動が大きいと法定通貨としては使いにくいため、仮想通貨が法定通貨になるためには価格の安定化が必要となります。

デメリット③:日常生活で使える場面が少ない

仮想通貨は価値のある通貨ですが日常生活では使える場面が少ないです。

もちろん、仮想通貨を現金化することはできますが、仮想通貨自体を決算の手段として使えるお店はまだまだ少ないです。

現時点では法定通貨になるまでは時間がかかりそうですね。仮想通貨がコンビニで決済手段として使えるようになる未来が来るのが楽しみです。

まとめ

今回は仮想通貨のメリットとデメリットを解説してきました。

僕は資産の半分を仮想通貨で保有していますが、それは資産のポートフォリオの1つとして良い選択だと思ったからです。全ての資産を日本円もしくは株式にするのではなく、仮想通貨を新しい選択肢としてポートフォリオに加えてみるのも面白いと思います。

仮想通貨が投資の1つの選択として日本国民の中で当たり前になる日もそう遠くないかも知れません。

この記事を読んでくださりありがとうございました。

それでは良い仮想通貨ライフをお過ごしください。