kantablog Written by Kanta Nakamura

【超簡単】Pythonでたった3行のコードでQRCodeを作る方法【コード付き】

PROGRAMMING Python

こんにちは、カンタです。

先日、下記のツイートをしました。

本記事の内容

【超簡単】Pythonでたった3行のコードでQRCodeを作る方法【コード付き】

本記事を書いている僕は、プログラミング歴2年のCSを専攻している大学3年です。今回は、Pythonを使って、QRCodeを作れるという面白いコードを見つけたので、共有したいと思いこの記事を書いています。

使うもの

  • Python3.8
  • pyqrcodeライブラリ
  • pypngライブラリ

Pythonでたった3行のコードでQRCodeを作る方法

QRCodeを作る前に、必要なライブラリをインストールします。
使用するライブラリは下記の通り:

使用するライブラリ2つ

  • pyqrcodeライブラリ
  • pypngライブラリ

pip install pyqrcodepip install pypngでインストールできます。

これで前準備は完了。
実際にコーディングをしていきます。

たった3行でOk

pyqrcodeライブラリを使えば、たった3行でQRCodeを作成できます。
実際のコードは下記の通り:

コピペ用コード


import pyqrcode

qrcode = pyqrcode.create('文字orURL')
qrcode.png('QRCodeの名前', scale=10)

文字orURLのところに文字を入れるとQRCodeで文字が表示され、URLを入れるとそのURLに飛ぶQRCodeを作れます。

また、QRCodeの名前は自分で変更可能で、QRCodeの名前のところを、自分の好きな名前に変えるだけでOkです。簡単ですね😉

実際にPythonを使ってQRCodeを作ってみる

ここからは実際に、URLと文字バージョンの2つのQRCodeを作ります。

URLバージョン

URLの記入欄にhttps://google.comを入れて、Googleに飛べるようなQRCodeを作ります。コードは下記の通り:

コピペ用コード


import pyqrcode

qrcode = pyqrcode.create('https://google.com')
qrcode.png('google.png', scale=10)

そして、完成したQRCodeがこちら。

google

いつも僕らが見ているようなQRCodeを作ることができました。実際にGoogleに飛べるかぜひスキャンして確かめてみてください。😊

文字バージョン

最後に、文字バージョンも作成します。文字バージョンを作るには、URL記入欄に表示したい文字入力すればいいだけ。とても簡単です。

完成したQRCodeはこんな感じです。

kantablog

コードを見せると僕がどんな文字を書いたのかがバレてしまうので、コードの記載は省きます。僕があなたにどんなメッセージを書いたのか上のQRCodeをスキャンして確認してみてください。😌

本記事では、pythonを使って自作のQRCodeの作り方を解説してきました。別にPython触ったことないし、自分にはできないって感じている人も、これを機会にPythonを学んでみてはいかがでしょうか。

今回は、これで終わりになります。ありがとうございました。